前へ
次へ

フレックスタイム制の営業求人 で転職 する

子供がいる夫婦において共働きであればどちらかが子供を保育園に送り迎えしなければいけません。
以前であれば共働きであっても妻が送り迎えをするケースがあったようですが、最近は家事分担が進んでいるので夫が送り迎えをすることもあるようです。
保育園の場所にもよりますが、会社の所在地との関係でいつも出勤時間ギリギリに滑り込む人もいるかもしれません。
会社によっては子育て人に対しては一定の優遇をしてくれますが、時間に遅れればそれなりに迷惑をかけることがあります。
営業求人を利用して転職するにあたっては、もっと子育てに優しい会社を探したいと考えるかもしれません。
その時に選ぶと良い条件としてフレックスタイム制を導入しているかどうかがあります。
フレックスタイム制は始業時間や終業時間を変動できる働き方ができ、始業時間を遅らせたり早めたりが可能です。
営業求人そのものにフレックスタイム制のことが書かれていない時もありますが、転職活動を進めるにつれて面接などでわかる時もあります。

Page Top