前へ
次へ

転職情報の営業求人の種類

営業求人の転職情報の多くは法人営業で、その業種は多岐にわたります。法人営業とは企業を対象とした営業の仕事で、得意先とのルートセールスや新規開拓などが含まれます。ルートセールスは仕事的には安定しており、顧客との関係性も強くなる特徴があります。新規開拓は仕事的には大変な面がありますが、新たな顧客を獲得する醍醐味もあります。法人営業は国内に留まらず、外資系企業にアプローチするケースもあります。その場合は語学力が必要になるので、語学が得意な人は実力を発揮できる機会となります。外資系企業を顧客に持つ営業職は、収入的に高い傾向があるのも魅力です。営業求人の転職情報には、個人営業もよく見かけます。個人営業は個人を対象にしており、住宅や自動車、各種サービスの契約を取るものです。幅広い顧客層が相手となるので、コミュニケーション能力など人間性が問われる仕事になります。個人営業では新規開拓がメインとなり、自分自身の忍耐力も問われます。飛び込み営業の世界は、「100軒回って1軒」の成功と言われるほど厳しいものです。それでも、人間力が鍛えられると共に、成約した際の喜びも大きいものがあります。その他、営業求人には技術営業という分野もあります。これはセールスエンジニアとも呼ばれ、専門スキルをもった営業職のことです。

Page Top